熊本大神宮

パワスポコム  >  熊本県  >  熊本市 >  熊本大神宮

タイプ
神社
名前
熊本大神宮(クマモトダイジングウ)
別名パターン
熊本のお伊勢さん
所在地(住所)
熊本県熊本市中央区本丸3-5
標高
15m
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※熊本大神宮を中心にして検索します。

アイコン
写真動画3D駐車場授与所
3D画像
(SIDE BY SIDE)

拝殿(2015/05/14)
主祭神
天照皇大神(アマテラススメオオカミ)
豊受大神(トヨウケビメノカミ)
相殿
天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
高御産巣日神(タカミムスビノカミ)
倭日売命(ヤマトヒメノミコト)
神御産巣日大神(カミムスビノオオカミ)
摂末社
恵比須大神(エビスノオオカミ)<恵比須社>
様式
神明造
創建
1876年〔明治9年〕
主な行事
例大祭(10月17日)
年表
2016年:熊本地震により熊本城の石垣の蓬莱により社殿の一部が倒壊
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
<熊本大神宮 由緒>(由緒版)
熊本大神宮は伊勢神宮の大麻(お神札)と神宮暦を頒布して伊勢神宮の神徳を拡める為、明治九年、神宮の神璽を奉迎鎮齋して熊本城内に創建された。当時は、神宮教院熊本本部と称していた。
明治十年二月、熊本城炎上の際に類焼したので、西南の役終息後、手取町に敷地(現在の、ぴぷれす熊日会館・ホテル日航熊本)を求めて、神明古殿舎及び大講堂、学生寮などを建設し神宮大麻、暦の頒布と共に有親黄と言う学校を併設して青年の教導に任じた。
明治二十一年鷹匠町(現在の下通り三丁目附近)に移転して発展したが、そこも手狭となり、大正十五年現在地に神殿、拝殿、参集所、神部署などを建設し、翌昭和二年一月二十四日遷座した。
それより先、明治三十二年九月、神宮教院は、財団法人神宮教院と称したので当社も神宮卯奉齋会熊本本部となった。熊本県下の神宮暦の頒布事務を専権し且つ熊本地区唯一の神前結婚式場として殷賑を極めた。
昭和二十年十二月、占領軍の所謂、神道指令によって、国家神道廃止され、神宮奉齋会も解散したので当社も、昭和二十一年六月、宗教法人熊本大神宮として再発足して今日に至っている。
コメント
社殿の東側には熊本城の石垣がそびえたっています。
アクセス
熊本市電「熊本城・市役所前」駅→徒歩(5分)
お天気
拝殿方向
ぐるぐる動画

 ←印刷はここで出来ます。

[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。

  
[1/3] 入口 [2015/05/14]


  
[1/3] 鳥居 [2015/05/14]


  
[1/4] 社号標 [2015/05/14]


  
[1/2] 参道 [2015/05/14]


  
[1/2] 社務所 [2015/05/14]


  
[1/2] 手水舎 [2015/05/14]


  
[1/1] 授与所 [2015/05/14]


  
[1/5] 拝殿 [2015/05/14]


  
[1/6] 恵比寿社 [2015/05/14]


  
[1/2] 本殿 [2015/05/14]


  
[1/5]  [2015/05/14]


  
[1/1] 駐車場 [2015/05/14]


[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。