武田 勝頼

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  武田 勝頼



武田信玄の四男として生まれるニャン。諏訪氏を継ぎ高遠城主になる。長男の義信が父・信玄暗殺計画をしていたため廃嫡され、次男は盲目、三男は幼いころに亡くなり、四男の勝頼が家督継承者となったニャン。信玄の死後は、東美濃への侵攻、東遠江をほぼ平定させるなどして武田家の領地は過去最大となったニャン。長篠の戦いで織田・徳川連合軍に大敗してからは、織田・徳川、北条の侵攻を防ぎきれず天目山で自害したニャン。

読み:タケダ カツヨリ
改名:諏訪勝頼→武田勝頼
性別:男性
生年:1546年
没年:1582年4月3日
年齢:36
死因:自決
戒名:景徳院殿頼山勝公大居士
辞世:朧なる 月もほのかに 雲かすみ 晴れて行くへの 西の山の端
配偶者:正室:龍勝院、継室:北条夫人
子供:信勝、勝親
兄弟:義信、海野信親、信之、勝頼、仁科盛信、葛山信貞、信清、黄梅院、菊姫
父:武田信玄
母:諏訪御料人
タイプ:武将

名前タイプ住所
 法泉寺お墓山梨県甲府市和田町2595
 景徳院お墓山梨県甲州市大和町田野389

 ←印刷はここで出来ます。