小早川 隆景

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  小早川 隆景



毛利元就の三男として生まれ、兄の吉川元春と共に毛利家を支えた智将だニャン。豊臣政権下では五大老の信任を受けたニャン。

読み:コバヤカワ タカカゲ
改名:徳寿丸(幼名)→小早川隆景
性別:男性
生年:1533年
没年:1597年7月26日
年齢:64
死因:病死
戒名:隆景寺殿前黄門泰雲紹閑大居士
兄弟:毛利隆元、五龍局(宍戸隆家室)、吉川元春、小早川隆景、二宮就辰、穂井田元清、毛利元秋、出羽元倶、天野元政、末次元康、小早川秀包
父:毛利元就
義父:小早川興景
母:吉川国経女・妙玖夫人
主君:毛利元就→隆元→輝元→豊臣秀吉
タイプ:武将

名前タイプ住所
 黄梅院供養塔京都府京都市北区紫野徳寺町‎83-1
 米山寺菩提寺広島県三原市沼田東町納所460
 泰雲寺供養塔山口県山口市下小鯖2358
 宗生寺供養塔福岡県宗像市大穂937

 ←印刷はここで出来ます。