荒木 村重

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  荒木 村重



摂津池田城主である池田勝正の家臣として仕えたニャン。その後、三好三人衆の調略にのり池田家の家中の混乱に乗じて池田家の実験を握る。その後、信長に気に入れられ信長配下として茨木城主となる。若江城の戦いなどで功績をあげ摂津一国を任されたニャン。毛利攻めで秀吉軍に加わっていたが信長に反旗を翻したニャン。1年間織田軍と対抗していたが家臣の裏切りで状況が悪くなり出奔したニャン。本能寺の変が起きると堺にもどり茶人として生きたニャン。

読み:アラキ ムラシゲ
改名:十二郎→弥介→村重→道糞
性別:男性
生年:1535年
没年:1586年6月20日
年齢:51
死因:不明
戒名:秋英宗薫居士
配偶者:だし
子供:村次、村基、岩佐又兵衛
父:荒木義村
主君:池田勝正→織田信長→豊臣秀吉
タイプ:武将

名前タイプ住所
 墨染寺お墓兵庫県伊丹市中央6-3−3
 荒村寺位牌兵庫県伊丹市伊丹1-15-2

 ←印刷はここで出来ます。