別所長治

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  別所長治



父の病死により、家督を受け継いだ後も織田信長に従っていたが、信長の中国地方制圧に乗り出した時に、成り上がりの秀吉に納得できず、織田に反旗を翻したニャン。荒木村重の謀反や毛利の援軍などで交戦していたが、毛利の援軍が途絶えると籠城に追い込まれ、城の兵たちの命の保証と引き換えに妻子兄弟と共に自害したニャン。

読み:ベッショ ナガハル
改名:小三郎(幼名)→長治
性別:男性
生年:1558年
没年:1580年2月2日
年齢:22
死因:自決
戒名:英應院殿剛覚性金大居士
辞世:今はただ うらみもあらじ 諸人の いのちにかはる 我身とおもへば
配偶者:照子
子供:竹姫、虎姫、千松丸、竹松丸
兄弟:長治、友之、治定
父:別所安治
母:浦上氏
タイプ:武将

名前タイプ住所
 雲龍寺首塚兵庫県三木市上の丸町9−4
 法界寺霊廟兵庫県三木市別所町東這田51

 ←印刷はここで出来ます。