松平 容保

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  松平 容保



幕末の会津藩の第9代藩主で、京都守護職についてからは薩長との対立ができ、薩長が江戸無血開城ののちに、北陸東北に攻め入り会津戦争が勃発し抵抗をしたが最後は降伏し蟄居したニャン。その後は家名存続を許され日光東照宮の宮司になったニャン。

読み:マツダイラ カタモリ
改名:銈之丞(幼名)→容保
性別:男性
生年:1836年2月15日
没年:1893年12月5日
年齢:57
死因:不明
神号:忠誠霊神
配偶者:敏姫
子供:容大、健雄、英夫、恒雄、保男
兄弟:徳川慶勝、武成、徳川茂徳
父:松平義建
義父:松平容敬
母:古森氏
主君:徳川家定→家茂→慶喜
タイプ:大名→神職

名前タイプ住所
 会津藩主松平家墓所お墓福島県会津若松市東山町大字石山沢ノ入甲

 ←印刷はここで出来ます。