木戸 孝允

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  木戸 孝允



幕末に長州藩士の剣豪としての名も馳せ、尊王攘夷派として維新の三傑と称された活躍をしたニャン。明治政府樹立後は、政治家として改革などに積極的に取り組み色々と信頼を集めていたニャン。西南戦争の半ば病で倒れたニャン。

読み:キド タカヨシ
別名:桂小五郎
改名:和田小五郎→桂小五郎→木戸貫冶→準一郎→孝允
性別:男性
生年:1833年8月11日
没年:1877年5月26日
年齢:43
死因:病死
配偶者:木戸松子
父:和田昌景
タイプ:武士→政治家

名前タイプ住所
 京都霊山護國神社お墓京都府京都市東山区清閑寺霊山町1
 木戸神社祭神山口県山口市糸米2-9

 ←印刷はここで出来ます。