前田 利家

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  前田 利家



信長の下で活躍し能登一国の大名になったニャン。賤ヶ岳の戦いでは柴田勝家につくが、その後は旧友の秀吉の傘下にはいるニャン。豊臣政権下では、五大老のひとりとして家康対して牽制をしていたが、秀吉の死後8カ月後に病死したニャン。

読み:マエダ トシイエ
別名:又左衞門、又左
異名:槍の又左
改名:犬千代(幼名)→利家
性別:男性
生年:1538年
没年:1599年4月27日
年齢:61
死因:病死
戒名:高徳院殿桃雲浄見大居士
霊名:オーギュスチン?
配偶者:まつ(篠原一計娘)
子供:利長
兄弟:前田利久
父:前田利昌
母:長齢院
主君:織田信長→秀信→豊臣秀吉→秀頼
タイプ:武将

名前タイプ住所
 野田山墓地お墓石川県金沢市野田町

 ←印刷はここで出来ます。