浅井 長政

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  浅井 長政



元服か六角家との戦いで功績をあげたニャン。その後、織田家から信長の妹「お市」を妻に迎え信長と婚姻関係になったニャン。信長は、長政との間で結んだ朝倉家への攻撃を破ったために朝倉側につき信長と戦ったニャン。信長包囲網の一角を担っていた武田信玄が死去すると状況は悪くなり、織田軍に追い詰められ父と共に自害したニャン。

読み:アザイ ナガマサ
別名:新九郎
改名:猿夜叉丸(幼名)→賢政→長政
性別:男性
生年:1545年
没年:1573年9月26日
年齢:28
死因:自決
戒名:養源院天英宗清
配偶者:平井定武の娘(正室)、お市の方(継室)
子供:茶々、初、督
兄弟:政元、政之
父:浅井久政
母:小野殿
主君:六角義賢
タイプ:武将

名前タイプ住所
 徳勝寺お墓滋賀県長浜市平方町872

 ←印刷はここで出来ます。