大谷 吉継

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  大谷 吉継



秀吉の下に使え、賤ヶ岳の戦いで七本槍に匹敵する三振の太刀と賞賛される手柄をたてたニャン。豊臣政権化では、越前国の敦賀城主となったニャン。関が原の戦いでは、親友の石田三成の指揮する西軍についたニャン。戦闘が開始されると善戦していたが小早川秀秋の裏切りにより徐々に崩壊していき限界を感じ自害したニャン。白い頭巾姿で輿にのって戦う姿で有名だニャン。

読み:オオタニ ヨシツグ
別名:吉隆、紀之介、平馬、大谷刑部
改名:桂松(幼名)→吉継
性別:男性
生年:1559年
没年:1600年10月21日
年齢:41
死因:自決
戒名:渓広院殿前刑部卿心月白頭大禅定門
辞世:契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも
父:大谷吉房
母:東殿
タイプ:武将

名前タイプ住所
 永賞寺供養塔福井県敦賀市栄新町11-20
 大谷吉継の首塚首塚岐阜県不破郡関ケ原町山中
 大谷吉継の墓お墓岐阜県不破郡関ケ原町山中

 ←印刷はここで出来ます。