石田 三成

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  石田 三成



三成が寺小姓の時、三杯の茶のによって秀吉に召抱えられた逸話がありますニャン。賤ヶ岳の戦いでは柴田勝家軍の動向を探る偵察行動を担当し、また先駈衆として一番槍の功名をあげたされていますニャン。豊臣政権化では五奉行として政治に手腕を振るっていたが、徳川家康と対立していき、関が原の合戦で破れ京都の六条河原で斬首されたニャン。

読み:イシダ ミツナリ
改名:佐吉(幼名)→三也→三成
性別:男性
生年:1560年
没年:1600年11月6日
年齢:40
死因:処刑
戒名:江東院正軸因公大禅定門
辞世:筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり
父:石田正継
母:瑞岳院(岩田氏)
タイプ:武将

名前タイプ住所
 八幡神社[石田町]供養塔滋賀県長浜市石田町423
 大徳寺お墓京都府京都市北区紫野大徳寺町53
 高野山奥之院お墓和歌山県伊都郡高野町高野山

 ←印刷はここで出来ます。