毛利 元就

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  毛利 元就



日本三大奇襲作戦の一つといわれた「厳島の戦い」での勝利を経て中国地方8ヶ国を支配する大大名になったニャン。三本の矢の教えで息子たちに一族団結の大切さも教えてたニャン。

読み:モウリ モトナリ
別名:少輔次郎、乞食若殿
異名:謀神
改名:松寿丸(幼名)→毛利元就
性別:男性
生年:1497年4月16日
没年:1571年7月6日
年齢:74
死因:自然死
戒名:洞春寺殿日頼洞春大居士
辞世:友を得て なほぞうれしき 桜花 昨日にかはる 今日のいろ香は
子供:隆元、吉川元春、小早川隆景
父:毛利弘元
母:福原広俊女
タイプ:武将

名前タイプ住所
 毛利元就の墓お墓広島県安芸高田市吉田町吉田

 ←印刷はここで出来ます。