加藤 清正

パワスポコム  >  有名人お墓めぐり  >  加藤 清正



豊臣秀吉の家臣で賤ヶ岳の戦いにおいては武功をあげ「賤ヶ岳の七本槍」の一人と言われたニャン。九州征伐後には肥後北半国19万5,000石を与えられ熊本城を居城としたニャン。関ヶ原の戦いの時には九州において西軍側の軍勢を次々に打ち破り52万石の大名となったニャン。享年50歳。

読み:カトウ キヨマサ
別名:竹松、夜叉若
異名:賤ヶ岳の七本槍、地震加藤
改名:夜叉丸(幼名)→虎之助→清正
性別:男性
生年:1562年7月25日
没年:1611年8月2日
年齢:49
死因:病死
戒名:淨池院殿永運日乗大居士
配偶者:山崎片家女
父:加藤清忠
母:伊都(鍛冶屋清兵衛の娘)
タイプ:武将

名前タイプ住所
 天澤寺お墓山形県鶴岡市丸岡字町の内36
 清正公その他東京都‎港区白金台1-1-47
 池上本門寺供養塔東京都大田区池上1-1-1
 本圀寺霊廟京都府京都市山科区御陵大岩6
 加藤神社祭神熊本県熊本市中央区本丸2-1
 肥後本妙寺霊廟熊本県熊本市花園4-13-1

 ←印刷はここで出来ます。