アヂスキタカヒコネ

パワスポコム  >  ハロくんの御祭神情報  >  アヂスキタカヒコネ



妹のシタテルヒメの夫のアメノワカヒコが死んでしまったため葬儀に訪れたところ、アヂスキタカヒコネがアメノワカヒコにそっくりだったため、アメノワカヒコの父のアマツクニタマがアヂスキタカヒコネに抱きついてしまったニャン。死人と一緒にするなと激怒したアヂスキタカヒコネは、を抜いて喪屋を切り倒し蹴り飛ばしたニャン。シタテルヒメはアヂスキタカヒコネの名を明かす歌を詠んだニャン。農業の神、雷の神、不動産業の神として親しまれていますニャン。
【天若日子の死】
葦原中国平定のために高天原から来たアメノワカヒコとシタテルヒメは結婚したニャン。天若日子が高天原からの返し矢に当たって死んだ時、シタテルヒメの泣く声が高天原まで届したニャン。その声を聞いたアメノワカヒコの父のアマツクニタマは葦原中国に降りてアメノワカヒコの喪屋を建て殯‎を行ったニャン。アメノワカヒコが死んでしまったためアヂスキタカヒコネが葬儀に訪れたところ、アヂスキタカヒコネがアメノワカヒコにそっくりだったため、アメノワカヒコの父のアマツクニタマがアヂスキタカヒコネに抱きついてしまったニャン。死人と一緒にするなと激怒したアヂスキタカヒコネは、を抜いて喪屋を切り倒し蹴り飛ばしたニャン。シタテルヒメはアヂスキタカヒコネの名を明かす歌を詠んだニャン。

【読み】アヂスキタカヒコネ
【性別】
【父】大国主
【母】タキリビメ
【古事記】阿遅鉏高日子根神
【出雲国風土記】阿遅須枳高日子
【別名】
・阿遅志貴高彦根命(アジシキタカヒコネノカミ)
・味耜高彦根神(アジスキタカヒコネ)
・味耜高日子根神(アジスキタカヒコネノカミ)
・阿遲須枳高日子根命(アジスキタカヒコネノカミ)
・味鋤高彦根神(アジスキタカヒコネノカミ)
・味鉏高彦根神(アジスキタカヒコネノカミ)
・阿遅鋤高日子根命(アジスキタカヒコネノミコト)
・阿遅須枳高日子命(アジスキタカヒコネノミコト)
・阿遅須枳高彦根命(アジスキタカヒコネノミコト)
・阿遲須伎高日子根命(アジスキタカヒコネノミコト)
・味耜高日子根命(アジスキタカヒコネノミコト)
・味鋤高彦根命(アジスキタカヒコネノミコト)
・味鉏高彦根之命(アジスキタカヒコネノミコト)
・阿治須岐高日子根命(アジスキタカヒコネノミコト)
・味耜高彦根命(アジスキタカヒコネノミコト)
・阿遅鋤高日子根神(アヂスキタカヒコネノカミ)
・味□高彦根命(アヂスキタカヒコネノミコト)
・高彦根命(タカヒコネノミコト)

青森県
田名部神社〈むつ市〉 
秋田県
総社神社〈秋田市〉 
福島県
石都々古和気神社〈石川郡〉馬場都都古別神社〈東白川郡〉
八槻都都古別神社〈東白川郡〉 
栃木県
日光二荒山神社(中宮祠)〈日光市〉日光二荒山神社〈日光市〉
本宮神社〈日光市〉下沢二荒山神社〈鹿沼市〉
太郎山神社〈日光市〉 
群馬県
荒船神社(里宮)〈甘楽郡〉 
東京都
阿伎留神社〈あきる野市〉元狭山神社〈西多摩郡〉
神奈川県
瀬戸神社〈横浜市〉 
新潟県
高彦根神社〈長岡市〉 
長野県
逢瀬神社〈上高井郡〉 
三重県
依名古神社〈伊賀市〉 
兵庫県
石部神社[下谷]〈豊岡市〉 
奈良県
高鴨神社〈御所市〉 
鳥取県
一ノ宮倭文神社〈東伯郡〉波波伎神社〈倉吉市〉
島根県
三澤神社〈仁多郡奥出雲町〉久多美神社〈松江市〉
忌部神社〈松江市〉斐代神社〈出雲市〉
都我利神社〈出雲市〉阿利神社〈出雲市〉
阿須伎神社〈出雲市〉 
岡山県
中和神社〈真庭市〉鴨神社[長尾]〈玉野市〉
山口県
仁壁神社〈山口市〉 
香川県
事知神社〈仲多度郡〉 
愛媛県
犬日神社〈宇和島市〉宇和津彦神社〈宇和島市〉
大須伎神社〈今治市〉 
高知県
殖田神社〈南国市〉土佐神社〈高知市〉
福岡県
下照姫神社〈福岡市〉 

 ←印刷はここで出来ます。