三輪厳嶋神社

パワスポコム  >  東京都  >  大田区 >  三輪厳嶋神社

タイプ
神社
名前
三輪厳嶋神社(みわいつくしまじんじゃ)
所在地(住所)
東京都大田区大森東4-35-3
標高
4m
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※三輪厳嶋神社を中心にして検索します。

アイコン
写真動画3D駐車場
神紋(家紋)
左三つ巴
3D画像
(SIDE BY SIDE)

拝殿(2013/09/27)
主祭神
大国主命(おおくにぬしみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
<厳嶋神社由来>(由緒板)
大森海苔の守護神として古来より伝わる
かしこくも、当社の祭神は素盞嗚尊の御女市杵嶋姫命にまします。謹みて創立の起源を神記口碑に因り案ずるに。安徳帝治承四年(一一八〇年)源義経は武蔵坊弁慶・伊勢三郎・駿河治郎等の郎徒を具し、東海道玉川の渡しを過ぎけるが、頃しも二百十日の厄日にて南西の風吹き荒び、舟は見る見る押し流され大森下に漂えば一同安き心なく、波方を望むれば、小高き社見えしかわ、これ神のおはします処と其の方に向い、海上平穏を念じければ、不思議や風やみ浪治まりぬ。義経霊に感じ、舟を瀬島につけ、葭をなぎ葦を分けて彼方の森を尋ぬれば、ささやかなる社の縁に白蛇顕われいたり。これ神の使ひなめならぬ。かしこし、厳島大神我等が運を守らせ給ひしことよと、里人に語らい改めて森を拓き、神殿を修理し、また船をとどめし処に注連竹を建て給う。是れ当社創立、起立の起源にして今を去ること八百年に及ぶ。
是れより里人等神徳を尊ぶこと愈々深く、海面守護の神として毎年正月十二日水神を祀りしが、ある年海面に建てし注連竹に黒き苔生じければ、人々怪しみてこれを採り嗜めけるに味あり。生酢干かにして食せば殊に風味よし翌年其の頃を計りて木枝多く建てけるに、またまた苔の生じければ種々製造法を考え遂に現今の如き乾海苔に製し年と共に製造するもの多し、海の苔即ち「のり」と称し鎌倉将軍に献上の栄を担い、江戸幕府開かるるに及び毎年将軍家に献上し、維新の際まで変わることなかりしは人の皆知る処なり。
嗚呼、大森の名産とし名誉海外にたかき海苔の濫觴たる如斯にして、如何に我が厳島大神の海面御守護の御神徳高きか、かしこくも尊きことにこそ。
アクセス
京急本線「梅屋敷」駅→徒歩(11分)
京急本線「大森町」駅→徒歩(12分)
お天気
拝殿方向
ぐるぐる動画

 ←印刷はここで出来ます。

[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。

  
[1/3] 入口 [2013/09/27]


  
[1/5] 鳥居 [2013/09/27]


  
[1/3] 社号標 [2013/09/27]


  
[1/2] 神庫 [2013/09/27]


  
[1/2] 参道 [2013/09/27]


  
[1/3] 手水舎 [2013/09/27]


  
[1/3] 百度石 [2013/09/27]


  
[1/6] 狛犬(左) [2013/09/27]


  
[1/6] 狛犬(右) [2013/09/27]


  
[1/13] 拝殿 [2013/09/27]


  
[1/5] 本殿 [2013/09/27]


  
[1/4] 石碑 [2013/09/27]


  
[1/12] 福神銭洗辨財天 [2013/09/27]


  
[1/3] 遊具 [2013/09/27]


  
[1/1] 水場 [2013/09/27]


  
[1/1] 駐車スペース [2013/09/27]


[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。