高良大社(奥宮)

パワスポコム  >  福岡県  >  久留米市 >  高良大社(奥宮)

タイプ
神社
名前
高良大社(奥宮)(コウラタイシャ(オクミヤ))
別名
水分神社(ミクマリジンジャ)
旧名
毘沙門堂
漢字パターン
高良大社奥宮
所在地(住所)
福岡県久留米市御井町
標高
270m
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※高良大社(奥宮)を中心にして検索します。

アイコン
写真動画3D
3D画像
(SIDE BY SIDE)

拝殿(2013/03/19)
主祭神
水分神(ミクマリノカミ)
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
<高良大社奥宮(奥の院)>(案内板)
古くは「高良廟」「御神廟」と称し、高良の神である武内宿祢の葬所と伝えられていた。高良山信仰の原点ともいうべき聖地である。付近の地名を「別墅(所)」といい、白鳳七年(六七八)開山隆慶上人が、毘沙門天(高良の神の本地)を感見して毘沙門堂を建て、天竺国無熱池の水の法力で招き寄せたのが、この清水であるという。
鎌倉時代の貞永元年(一二三二)には、惣地頭代刑部丞中原為則なる者が、五重の石塔をここに造立供養したというが、現存しない。次いで南北朝時代には、征西将軍宮懐良親王の御在所となったとの説もある。
中世末の記録によれば、ここには戒壇が設けられていたとある。恐らく現存の石積の壇を指すのであろう。壇上には室町時代の石造宝塔が立つ。
江戸時代の中頃、山中の極楽寺を再興した僧即心は、晩年ここに籠って念仏修行したという。
明治初年の神仏分離により、毘沙門堂は「水分神社」と改められたが、「あらゆる願い事を叶えてくださる神様」として、高良大社の数ある末社の中でも、今日特に厚い信仰を集めている。
〔高良大社社務所〕
コメント
本宮から遊参道を歩いて15分ほどでたどり着けます。遊参道経由だと、それほど斜面もなく気持ちよくウォーキングできるためお勧めです。
お天気
拝殿方向
北北東
ぐるぐる動画

 ←印刷はここで出来ます。

[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。

  
[1/13] 遊参道 [2013/06/14]


  
[1/5] 鳥居 [2013/06/14]


  
[1/3] 遊参道2 [2013/06/14]


  
[1/4] 鳥居2 [2013/06/14]


  
[1/2] 手水舎 [2013/06/14]


  
[1/4] 鳥居3 [2013/06/14]


  
[1/4] 拝殿 [2013/06/14]


  
[1/7] 本殿 [2013/06/14]


  
[1/1] ベンチ [2013/06/14]


  
[1/3] 授与所 [2013/06/14]


  
[1/2] 歌碑 [2013/06/14]


  
[1/4]  [2013/06/14]


  
[1/4] 祠2 [2013/06/14]


  
[1/2] 廃墟 [2013/06/14]


[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。