玉陵

パワスポコム  >  沖縄県  >  那覇市 >  玉陵

タイプ
その他
名前
玉陵(タマウドゥン)
漢字パターン
玉御殿、霊御殿
所在地(住所)
沖縄県那覇市首里金城町1
標高
94m
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※玉陵を中心にして検索します。

アイコン
写真動画3D御朱印トイレ自動販売機
スタンプ
平成24年11月22日に玉陵で頂いた御朱印だニャン
3D画像
(SIDE BY SIDE)

中室(2012/11/22)
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
<玉陵>(石碑)
第二尚王家歴代の陵墓であるこの玉陵は、首里城への要路綾門大道に臨み東は天界寺に隣接するなど重要な位置にあります。
墓陵内は、琉球石灰岩の高い石垣によって囲まれ全ての庭には珊瑚砂利が敷きつめられています。
東室、中室、西室の三基に分かれた墓堂は、自然の岩壁をうがち外部を切り石積みの家型とした沖縄特有の形式を持つ墓陵といえます。中室は、洗骨までの間霊柩を安置するのに使用し(シルヒラシ)、東室には洗骨後の王および王妃、西室にはそれ以外の家族の遺骨を安置したと伝えられています。
また、前庭左側に西面して建つ「たまおどんのひのもん」(尚真王二五、大明弘治十四年一五〇一)には、陵墓にまつわる当時の事情が伝えられています。
その他墓頂にある雌雄の石獅子や墓室前の高欄などからも琉球文化の粋をしのぶことができます。
〔沖縄県教育委員会 昭和六二年三月〕
コメント
琉球王国の歴代国王が葬られているお墓です。
アクセス
ゆいレール「儀保」駅→徒歩(14分)
ゆいレール「首里」駅→徒歩(18分)
お天気
巡礼・札所・名所
世界遺産【琉球王国のグスク及び関連遺産群】
文化財
【国指定史跡】玉陵
拝殿方向
北北東
ぐるぐる動画

 ←印刷はここで出来ます。

[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。

  
[1/3] 入口 [2012/11/22]


  
[1/2] 標石 [2012/11/22]


  
[1/2] 玉陵奉円館 [2012/11/22]


  
[1/3] 標石2 [2012/11/22]


  
[1/3] 世界遺産碑 [2012/11/22]


  
[1/2] 参道 [2012/11/22]


  
[1/6] ガジュマル [2012/11/22]


  
[1/5] 東の御番所 [2012/11/22]


  
[1/4] 前門 [2012/11/22]


  
[1/5] 玉陵碑 [2012/11/22]


  
[1/4] 後門 [2012/11/22]


  
[1/10] 中室 [2012/11/22]


  
[1/10] 東室 [2012/11/22]


  
[1/10] 西室 [2012/11/22]


  
[1/4] 石造物(左) [2012/11/22]


  
[1/3] 石造物(右) [2012/11/22]


[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。