小倉城

パワスポコム  >  福岡県  >  北九州市 >  小倉城

タイプ
お城
名前
小倉城(コクラジョウ)
漢字パターン
勝山城、勝野城、指月城、湧金城、鯉ノ城
所在地(住所)
福岡県北九州市小倉北区城内2
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※小倉城を中心にして検索します。

アイコン
写真動画3D
3D画像
(SIDE BY SIDE)

天守閣(2012/07/09)
公式サイト
http://www.kid.ne.jp/kokurajou/
創建
1602年〔慶長7年〕
開基
細川忠興
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
<小倉城>(北九州市教育委員会)
細川忠興は、慶長五年(一六〇〇)関ヶ原合戦の功にごより、豊前国全域と豊後国二郡を領する三十万石(検地高三十九万九干石)の大名として入国、中津城に在城した。居城を小倉に移すため慶長七年これまでの小倉の城を廃して新しく築城をはじめ、その年の十一月、小倉城へ移った。
城の中心は、天守閣のある本丸と松ノ丸、北ノ丸で、これを囲むようにしてニノ丸、三ノ丸を配した。
天守閣の外観は五重、内部は六層(現天守閣は、四重五層)である。これは、五重目の内部が上下二段に分かれてしろためで、五重目の下段までは、白壁が塗り込まれ、上段は黒塗りで張り出しになっている。また天守順の屋根には、破風がなく、当時この天守閣は、唐作りと称されていた.。
城のすぐ東を流れる紫川を天然の濠とし、この川をはさんで東西に曲輪を設け、城下町をつくつた。城郭の総構えは、約八キロメートルにもおよび、これを濠で囲み、街道に通じる八ヵ所の門を設けた。
寛永九年(一六三二)細川氏は、肥後国に移り、替わって播塵国明石城主であった譜代大名の小笠原忠真が小倉城に入り、十五万石を領した。第二次長州征討戦の慶応二年(一八六六)八月一日、小倉藩は、田川郡に撤退する際、小倉城 に火を放ち、城内の建物は、ことごとく灰じんに帰した。なお、天守閣は、天保八年(一八三七)ヽの火災で焼失、以降再建されなかった。
現在の天守閣は、昭和三十四年鉄筋コンクリートで、再建されたものである。
アクセス
JR九州鹿児島本線・日豊本線「西小倉」駅→徒歩(10分)
山陽新幹線「鹿児島本線「小倉」駅→徒歩(15分)
お天気
ぐるぐる動画

 ←印刷はここで出来ます。

[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。

  
[1/5] 天守閣 [2012/07/09]


  
[1/3] 入口 [2012/07/09]


  
[1/2] 大手門跡 [2012/07/09]


  
[1/3] 自動販売機 [2012/07/09]


  
[1/2] 槻門跡 [2012/07/09]


  
[1/1] ベンチ [2012/07/09]


  
[1/3] 場内入口 [2012/07/09]


  
[1/10] 城内 [2012/07/09]


  
[1/4] 天守からの眺め [2012/07/09]


  
[1/5] 茶筌塚 [2012/07/09]


  
[1/5] 大砲 [2012/07/09]


  
[1/2] 石垣 [2012/07/09]


  
[1/2] 多聞口門跡 [2012/07/09]


  
[1/3]  [2012/07/09]


  
[1/5] 猫2 [2012/07/09]


[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。