川棚のクスの森

パワスポコム  >  山口県  >  下関市 >  川棚のクスの森

タイプ
自然
名前
川棚のクスの森(カワタナノクスノモリ)
所在地(住所)
山口県下関市豊浦町川棚下小野
標高
51m
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※川棚のクスの森を中心にして検索します。

アイコン
写真動画3Dメディア家運(家庭円満)駐車場トイレ
3D画像
(SIDE BY SIDE)

大クス(2013/05/12)
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
<国指定天然記念物『川棚のクスの森』>(説明板)
大字川棚字踊場にあり、大正十一年、内務省告示により天然記念物に指定された。
立石山(標高二〇五m)の北麓の台地に生育し、高さ二十七m、幹周り十一.二mは県下第一の大きさを誇る。樹勢は旺盛で、四方に伸びる枝は、東西五十八m、南北五十三mに広がり、枝張りの美しさは日本一とも言われる。
また、他の二箇所の枝は垂れ下り、その一部が土中に埋もれ、ここより発根して再生している。
一株から四方に伸びた枝は周囲を広く覆っているため、根元に目を向けてはじめて頭上にうっそうと茂る枝はすべてそこから伸びていることに気づき圧倒される。一株であることにもかかわらず、遠目には「森」のごとくみえるその姿からこの名は付けられた。
このクスの根元には、戦国時代に陶氏の乱に倒された大内義隆公の後を追うように、この地で命尽きた愛馬雲雀毛が埋葬されたという伝承がある。そのためクスの森霊馬神・馬神とも呼ばれ、この名馬の霊を慰め鎮めるための供養が毎年行われている。
〔下関市豊浦町〕
コメント
1本の木なのにその大きさから遠くからは森に見えることから森と言われています。
隣にはクスの森若宮神社が鎮座しています。
アクセス
JR山陰本線「川棚温泉」駅→車(10分)
お天気
メディア紹介
【2010/07/30】<書籍>
日本のパワースポット案内 VOL.2(伸び続ける折れない技と強大な生命力)

ぐるぐる動画

 ←印刷はここで出来ます。

[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。

  
[1/3] 駐車場 [2013/05/12]


  
[1/3] 道1 [2013/05/12]


  
[1/6] 道2 [2013/05/12]


  
[1/17] クスの森 [2013/05/12]


  
[1/1] 表札 [2013/05/12]


  
[1/4] 賽銭箱 [2013/05/12]


  
[1/5]  [2013/05/12]


  
[1/9] クスの森2 [2013/05/12]


  
[1/1] ベンチ [2013/05/12]


  
[1/2] 標識 [2013/05/12]


  
[1/1] 御手洗い [2013/05/12]


  
[1/2] 休憩所 [2013/05/12]


  
[1/6] 山頭火句碑 [2013/05/12]


  
[1/5] 句碑 [2013/05/12]


  
[1/5]  [2013/05/12]


  
[1/4] 天然記念物川棚村樟之森 [2013/05/12]


  
[1/2] 休憩所2 [2013/05/12]


[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。