船橋東照宮

パワスポコム  >  千葉県  >  船橋市 >  船橋東照宮

タイプ
神社
名前
船橋東照宮(フナバシトウショウグウ)
別名
船橋御殿跡(フナバシゴテンアト)
所在地(住所)
千葉県船橋市本町4-29
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※船橋東照宮を中心にして検索します。

アイコン
写真動画3D
神紋(家紋)
三つ葉葵
3D画像
(SIDE BY SIDE)

社殿(2011/04/14)
主祭神
徳川家康公(トクガワイエヤスコウ)
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
【船橋御殿跡と東照宮】
徳川家康は狩猟を好み、各地に狩猟用の「お茶屋」または「御殿」と呼ばれる休憩所や宿泊所を建てさせた。慶長十九年(一六一四)家康は上総土気、東金で狩猟を行ったが、船橋御殿の建造もその頃であろうと推定される。
家康は元和元年(一九一五)十一月頃ここに宿泊した。家康の宿泊はこの一回だけであったが、秀忠はその後狩猟のたびに立ち寄ったと考えられる。将軍家の東金狩猟が寛永七年(一六三〇)頃終止した後も船橋御殿は存在していたが、寛文末年頃(一六七〇年代)に廃止となったようである。
船橋御殿の面積は約四〇四アールで、海老川西側の土手に囲われた地域であった。
その後、この地は大神宮宮司の富氏に与えられ、開墾されて畑地となった。
東照宮は富氏が建立したもので、この場所が御殿の中心地であった場所であるといわれている。(案内板より)
コメント
日本一小さい東照宮といわれています。閑静な住宅街にあるのも意外な立地条件です。
アクセス
京成本線「船橋」駅→徒歩(8分)
JR総武線「船橋」駅→徒歩(9分)
お天気
拝殿方向
南南西
ぐるぐる動画

 ←印刷はここで出来ます。

  
2回切り替わります。(なし)(2011/03/17)

  
2回切り替わります。(なし)(2011/03/17)

  
2回切り替わります。(なし)(2011/03/17)

  
2回切り替わります。(なし)(2011/03/17)

  
1枚だけです。(なし)(2011/03/17)

  
1枚だけです。(なし)(2011/03/17)

  
2回切り替わります。(なし)(2011/03/17)

  
1枚だけです。(なし)(2011/03/17)

  
1枚だけです。(なし)(2011/03/17)

  
1枚だけです。(なし)(2011/03/17)

  
1枚だけです。(なし)(2011/03/17)

  
2回切り替わります。(なし)(2011/03/17)