田島神社

パワスポコム  >  佐賀県  >  唐津市 >  田島神社

タイプ
神社
名前
田島神社(たじまじんじゃ)
所在地(住所)
佐賀県唐津市呼子町加部島3956-1
標高
17m
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※田島神社を中心にして検索します。

アイコン
写真動画3D駐車場
3D画像
(SIDE BY SIDE)

拝殿(2014/10/24)
主祭神
田心姫尊(たごりひめのみこと)
市杵島姫尊(いちきしまひめのみこと)
湍津姫尊(たぎつひめのみこと)
配祀
大山祇神(おおやまづみのかみ)
稚武王尊(わかたけのみ)
旧社格
国幣中社
近代社格制度
式内社(名神大)
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
<田島神社>(由緒版)
本社の御鎮座は悠遠の昔であって早くより朝廷の尊崇厚く奈良朝天平十年には大伴古麿に詔命して田島大明神を贈らせ給う。大同元年には神封十六戸を充てられ正四位に列せられ、元暦二年三月正一位に累進し給う。延喜の制に於いては当国にて唯一の明神大神に列せられ中世以降は武門の尊信を受けて歴代唐津城主の祈願所となり明治四年国幣中社に列せられ毎年勅使を派遣されていたが大東亜戦争後、宗教法人となり別表神社に編入され今日に至る。海陸交通安全、豊作、大漁、商売繁盛の祈願所となる。

<田島神社>(由緒板)
【御由緒】
田島三神は遠い神代の昔に天照大御神が素盞嗚尊と剣玉の御誓にて御気吹の中よりお生れなさいました三柱の姫神で御出現になりました。当社の御鎮座の年代を定めることは出来ませんが、全国的にも九州でも最も古い神社の一つとして知られています。当社への朝廷の御崇敬は特に篤く、奈良時代天平十年には、大伴古麻呂に詔命があって田島大明神の御神号をお贈りなされた。大同元年には神封十六戸を充てられ、正四位に列せられ、中世以降は諸武将の崇敬も厚く、江戸時代に入ってからは唐津城主の祈願所となり、明治四年国幣中社に列格され、毎年勅使を派遣されていたが、戦後宗教法人となり別表神社に編入された。
【御神徳】
田島大神は、海陸交通安全、航海安全船舶守護、大漁満船、海運漁業者の崇敬が極めて厚く五穀豊穣、商売繁盛の祈願所となり、古来より大陸の要衝でもあり、遣唐使は航海安全を祈願し、古社として崇敬され現在に至っています。
コメント
拝殿が港の方向を向いていて、その先の鳥居が海と直結している鳥居があるのが見どころです。
お天気
巡礼・札所・名所
別表神社
拝殿方向
北西
ぐるぐる動画

 ←印刷はここで出来ます。

[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。

  
[1/3] 入口 [2014/10/24]


  
[1/1] 駐車場 [2014/10/24]


  
[1/3] 社号標 [2014/10/24]


  
[1/3] 参道 [2014/10/24]


  
[1/4] 社号標2 [2014/10/24]


  
[1/2] 唐津市呼子歴史民俗史料館 [2014/10/24]


  
[1/2] 鳥居 [2014/10/24]


  
[1/5] 参道2 [2014/10/24]


  
[1/3] 手水舎 [2014/10/24]


  
[1/5] 社務所 [2014/10/24]


  
[1/1] おみくじ [2014/10/24]


  
[1/1] おみくじ掛け [2014/10/24]


  
[1/4] 車祓所 [2014/10/24]


  
[1/7] 元寇の碇石 [2014/10/24]


  
[1/4] 鳥居2 [2014/10/24]


  
[1/2] 参道3 [2014/10/24]


  
[1/5] 狛犬(左) [2014/10/24]


  
[1/6] 狛犬(右) [2014/10/24]


  
[1/9] 随神門 [2014/10/24]


  
[1/3] 参道4 [2014/10/24]


  
[1/4] 力石 [2014/10/24]


  
[1/8] 御崎神社 [2014/10/24]


  
[1/3] 句碑 [2014/10/24]


  
[1/5] 狛犬2(左) [2014/10/24]


  
[1/5] 狛犬2(右) [2014/10/24]


  
[1/6] 狛犬3(左) [2014/10/24]


  
[1/5] 狛犬3(右) [2014/10/24]


  
[1/5] 拝殿 [2014/10/24]


  
[1/4] 拝殿(左) [2014/10/24]


  
[1/4] 拝殿(右) [2014/10/24]


  
[1/4] 本殿 [2014/10/24]


[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。