成相寺

パワスポコム  >  京都府  >  宮津市 >  成相寺

タイプ
お寺
名前
成相寺(なりあいじ)
別名
成相観音(なりあいかんのん)
所在地(住所)
京都府宮津市成相寺339
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※成相寺を中心にして検索します。

アイコン
写真御朱印お水取り場駐車場トイレ授与所自動販売機
御朱印
平成22年11月20日に成相寺で頂いた御朱印だニャン昭和47年9月11日に成相寺で頂いた御朱印だニャン
公式サイト
http://www.nariaiji.jp/
宗派
単立(真言宗系)
本尊
聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)
山号
成相山
寺号
成相寺(ナリアイジ)
創建
704年〔慶雲1年〕
開基
真応上人
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
ここ世屋山成相寺は、西国二十八番の霊場として、古くから有名であり、年中参詣人の絶えぬ山である。寺伝には文武天皇慶雲元年(七〇四)とあり、開基真応上人が何人あるか詳かでない。しかし、その一千年に余る歴史は、対岸文殊堂および特別名勝「天橋立」と併せて、実に三位一体的存在であるといってよい。
当山縁起に、無遠禅師鹿肉のことがあり、その他怪異の説話もあり、いずれも霊場にふさわしいが、殊にかの大江山鬼退治の源頼光が納めた願文を有し、それに「此の度当国大江山夷賊追討の爲勅令を豪る」云々とあって、赤青の鬼賊を想像させる何ものもない。下って足利期には一色対武田の戦いがくりかえされ、それはこの霊山の大きい悲しみであり、また償いうぬ損失であった。
なお当寺に数々の寺宝があって、なかでも、「丹後国諸荘郷保総田数帳録」および兆殿司筆と伝える「阿弥陀像」一幅は、ともに国の重要文化財に指定されている。なにはともあれ信仰と景観を併せえた当山は、まことに日本一の霊場である。
波の音 松のひびきも 成相の風ふきわたす 天の橋立(御詠歌)
(案内板より)
コメント
天の橋立ケーブルカーの傘松駅から直通バスが出ていますが、このバスはスリル満点で乗る価値ありありです。というよりも車やバイク以外の人は問答無用でりようする感じです(笑)境内は広々としていてのんびりするにはかなりいい場所です。一願一言の地蔵さんにひと言でお願いごとをするとどんな願いも必ずかなえてくれると伝えられています。
お天気
巡礼・札所・名所
西国三十三所(第二十八番)
文化財
【府指定重要文化財】成相寺参詣曼荼羅1幅
【府指定重要文化財】法華経(平登子三十三回忌供養経)7巻(附・経箱1合)
【府指定重要文化財】成相寺文書・制礼6通4枚(附・成相古記1冊)
【府指定重要文化財】孔雀文磬1面(江戸時代)
【府指定重要文化財】鐘楼(江戸時代)
【府指定重要文化財】鎮守堂(江戸時代)
【府指定重要文化財】本堂(附・棟札2枚)
【重要文化財】木造地蔵菩薩坐像
【重要文化財】鉄湯船
【重要文化財】丹波国諸庄郷保総田数帳目録
【重要文化財】絹本著色紅玻璃阿弥陀像 1幅(鎌倉時代)

 ←印刷はここで出来ます。

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
1枚だけです。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
1枚だけです。(なし)(2010/11/20)

  
1枚だけです。(なし)(2010/11/20)

  
1枚だけです。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)