入登山神社

パワスポコム  >  長野県  >  下伊那郡 >  入登山神社

タイプ
神社
名前
入登山神社(ニュウトウザンジンジャ)
所在地(住所)
長野県下伊那郡下條村陽皐3915
標高
777m
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※入登山神社を中心にして検索します。

主祭神
大山祇命(オオヤマズミノミコト)
配祀
伊弉諾命(イザナギノミコト)
建御名方命(タケミナカタノミコト)
主な行事
例祭(4月14日)
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
祭神は大山祀命、伊弉尊、建御名方命で、通称を入野の権現様(高津大権現)と言い有名です。
神社の創立は、下條頼氏が応永年間に祀ったとされ、奥の院があります。社殿は、伊那の名工古林清松の作です。
江戸時代は、農業の山の神として人々の信仰を集め、祭日は大変賑わいました。
祭日は博打祭と言われ、祭日には静岡、愛知、岐阜県などからも大勢の博打打ちが集まったと言われます。
標高777mにあることに由来しているようです。近年は交通安全、入学祈願の祈祷などで賑わっています。
コメント
標高777mに本殿があるためギャンブル運アップと巷では人気です。
お天気

 ←印刷はここで出来ます。