矢先稲荷神社

パワスポコム  >  東京都  >  台東区 >  矢先稲荷神社

タイプ
神社
名前
矢先稲荷神社(やさきいなりじんじゃ)
所在地(住所)
東京都台東区松が谷2-14-1
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※矢先稲荷神社を中心にして検索します。

アイコン
写真メディア
主祭神
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
福禄寿(ふくろくじゅ)
主な行事
例祭(6月15日)
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
寛永19(1642)年11月23日、時の三代将軍徳川家光公が国家の安泰と市民の安全祈願ならびに武道の練成のために、江戸浅草のこの地に三十三間堂を建立しました。
三十三間堂では弓の射技練成のために「通し矢」が行われました。通し矢は先人に勝てば堂に掲額できるとあって武士としての名誉となり、大いに流行したようです。この通し矢は江戸市民にも観覧が許され、評判を博しました。
京都の三十三間堂にならって建立されたこの堂の守護神として稲荷大明神を勧請し、その場所がちょうど的の先にあたっていたので「矢先稲荷」と名づけられました。いまからおよそ360年前のことになります。
ご祭神は倉稲魂命(うかのみたまのみこと) を祀りります。ご神体は上野東叡山寛永寺の祖慈眼(じげん)大師(天海大僧正)によって寄進され、「御府内寺社備考」によると「木造で翁の型をして稲を荷い、7寸8分、弘法大師作」となっています。
創建以来、創業、学業、人徳の成就と武運長久の神徳に、武士、町人を問わずに尊信を篤くしました。
ところが約60年後の元禄11(1698)年9月6日、浅草を中心として大火で焼失してしまい、三十三間堂の方は深川に移転を命ぜられてしまいましたが、その鎮守である当社は信仰心の篤い町民の要望で当地の産土神として再建が許されました。
その後も関東大震災、東京大空襲などで幾多の困難に遭いましたが、いずれも難をくぐりぬけて現在に至っています。
アクセス
銀座線「稲荷町」駅→徒歩(7分)
銀座線「田原町」駅→徒歩(7分)
地下鉄各線「浅草」駅→徒歩(10分)
日比谷線「入谷」駅→徒歩(11分)
お天気
巡礼・札所・名所
浅草名所七福神(福禄寿)
メディア紹介
【2011/04/01】<テレビ>
金曜日のキセキ『開運浅草七福神ツアー!』(家庭円満 人徳・人望を得る)

初詣参拝者数
[2014年] 6000人
[2013年] 6000人
[2012年] 6000人
[2011年] 6000人

 ←印刷はここで出来ます。

  
1枚だけです。(なし)(2010/06/04)

  
1枚だけです。(なし)(2010/06/04)

  
1枚だけです。(なし)(2010/06/04)

  
1枚だけです。(なし)(2010/06/04)