浅草 鷲神社

パワスポコム  >  東京都  >  台東区 >  鷲神社

タイプ
神社
名前
鷲神社(おおとりじんじゃ)
所在地(住所)
東京都台東区千束3-18-7
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※鷲神社を中心にして検索します。

アイコン
写真メディア
公式サイト
http://www.otorisama.or.jp/
主祭神
天日鷲命(あめのひわしのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
鷲神社は天日鷲命(あめのひわしのみこと)日本武尊(やまとたけるのみこと)をお祀りした由緒正しい神社です。現在は「おとりさま」として一般にも親しまれ崇敬を集めており、また十一月の例祭も現在は「酉の市(とりのいち)」として広く知られています。
社伝によると天照大御神が天之岩戸にお隠れになり、天宇受売命が、岩戸の前で舞われた折、弦(げん)という楽器を司った神様がおられ、天手力男命が天之岩戸をお開きになった時、その弦の先に鷲がとまったので、神様達は世を明るくする瑞象を現した鳥だとお喜びになり、以後、この神様は鷲の一字を入れて鷲大明神、天日鷲命と称される様になりました。
天日鷲命は、諸国の土地を開き、開運、、殖産、商賣繁昌に御神徳の高い神様としてこの地にお祀りされました。
後に日本武尊が東夷征討の際、社に立ち寄られ戦勝を祈願し、志を遂げての帰途、社前の松に武具の「熊手」をかけて勝ち戦を祝い、お礼参りをされました。その日が十一月酉の日であったので、この日を鷲神社例祭日と定めたのが酉の祭、「酉の市」です。この故事により日本武尊が併せ祭られ、御祭神の一柱となりました。
江戸時代から鷲神社は、「鳥の社(とりのやしろ)」、また「御鳥(おとり)」といわれており、現在も鷲神社は「おとりさま」と一般に親しまれ崇敬を集めています。十一月の例祭も現在は「酉の市」と広く知られていますが、正しくは「酉の祭(トリノマチ)」と呼ばれた神祭の日です。
コメント
社名の鷲を英語でいうとイーグルとなる事から、ゴルフの腕が上達するとゴルフ関係者が多く参拝する神社です。
アクセス
日比谷線「入谷」駅→徒歩(10分)
日比谷線「三ノ輪」駅→徒歩(10分)
つくばエクスプレス「浅草駅」→徒歩(10分)
銀座線「田原町」駅→徒歩(15分)
お天気
巡礼・札所・名所
浅草名所七福神(寿老人)
下町八社巡り(商売繁盛)
メディア紹介
【2011/04/01】<テレビ>
金曜日のキセキ『開運浅草七福神ツアー!』(健康・長寿 心の疲れが癒される)

初詣参拝者数
[2014年] 10万人
[2013年] 10万人
[2012年] 10万人
[2010年] 10万人

 ←印刷はここで出来ます。

  
1枚だけです。(なし)(2010/06/04)

  
1枚だけです。(なし)(2010/06/04)

  
1枚だけです。(なし)(2010/06/04)

  
1枚だけです。(なし)(2010/06/04)

  
1枚だけです。(なし)(2010/06/04)