国造神社

パワスポコム  >  熊本県  >  阿蘇市 >  国造神社

タイプ
神社
名前
国造神社(コクゾウジンジャ)
別名
阿蘇国造神社(アソクニツクリジンジャ)
別名パターン
北宮
漢字パターン
國造神社、阿蘇國造神社
所在地(住所)
熊本県阿蘇市一の宮町手野2110
標高
541m
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※国造神社を中心にして検索します。

アイコン
写真動画3Dメディア駐車場トイレ
3D画像
(SIDE BY SIDE)

拝殿(2015/05/13)
主祭神
国造速瓶玉命(クニノミヤツコハヤミカタマノミコト)<一ノ宮>
雨宮媛命(アメミヤノヒメノミコト)<二ノ宮>
高橋神(タカハシノカミ)<三ノ宮>
火宮神(ヒノミヤノカミ)<四ノ宮>
旧社格
県社
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
<国造神社由緒略記>(由緒貼紙)
御主神 国造速瓶玉命は、肥後一の宮阿蘇神社の主神 建磐龍命の第一の御子神にして、延喜の制式内社(官社)に列せられて、阿蘇神社と同格の御社であり、父神 建磐龍命の聖業を嗣がれ、阿蘇の開拓に水利にと国土開発の大業をなされ、庶民に農耕を教え畜産に植林に万幸を与え衆庶を愛撫し、仁徳を施された。
この御聖徳と御功業により、第十代崇神天皇の朝に、阿蘇初代国造と定められ、同十八年(紀元五八一年)御子惟人命(彦御子神)に勅せられて、阿蘇国造の神として、御居住の地(現在地)を卜して鎮祭せられ、茲に二、〇〇〇年以上の歴史ある古いお社である。  
此の間上歴朝の尊崇はもとより、下万民の敬仰する所で、国司、藩司の崇敬も亦篤く、中世以降に於ても肥後の大守細川氏も阿蘇神社と共に造営に、祭典に、代々藩費を供進せられ、現在の社殿は寛文十二年、細川五代綱利公の御造営のものである。  
古来、農神としての信仰厚く、五穀豊穣に晴に祈り、雨に乞ひ、又害虫消除に頗る霊験新かであり、近郷近在より其の時折りに祈願参拝も多く、近年には阿蘇の古名社として、遠来よりの参拝も沢になりゆき之大神の偉大なる御恩頼を渇仰する故に外ならない。  
明治七年十月には県社に列せられた。
コメント
車で行く途中、道幅が狭いので対向車に要注意です。
お天気
メディア紹介
【2010/11/16】<書籍>
開運!日本のパワースポット案内(起伏のある人生に大器晩成の運気を与える)

拝殿方向
ぐるぐる動画

 ←印刷はここで出来ます。

[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。

  
[1/3] 入口 [2015/05/13]


  
[1/3] 参道 [2015/05/13]


  
[1/5] 鳥居 [2015/05/13]


  
[1/4] 社号標 [2015/05/13]


  
[1/1] 御手洗い [2015/05/13]


  
[1/3] 皇太子殿下御成婚記念碑・災害復旧攻記念 [2015/05/13]


  
[1/2] 駐車場 [2015/05/13]


  
[1/4] 北宮館 [2015/05/13]


  
[1/3] 水神木 [2015/05/13]


  
[1/3] 参道2 [2015/05/13]


  
[1/7] 宮の橋 [2015/05/13]


  
[1/3] 参道3 [2015/05/13]


  
[1/2] 手水舎 [2015/05/13]


  
[1/5] 水神社 [2015/05/13]


  
[1/5] 御手洗場 [2015/05/13]


  
[1/5] 鳥居2 [2015/05/13]


  
[1/1] 参道4 [2015/05/13]


  
[1/5] 拝殿 [2015/05/13]


  
[1/6] 本殿 [2015/05/13]


  
[1/5] 門守社 [2015/05/13]


  
[1/2] 神庫 [2015/05/13]


  
[1/3] 御大典記念 [2015/05/13]


  
[1/5] 鯰宮 [2015/05/13]


  
[1/4] 白蛇の桧 [2015/05/13]


  
[1/1] ベンチ [2015/05/13]


  
[1/8] 手野のスギ [2015/05/13]


  
[1/5] 手野のスギ2 [2015/05/13]


  
[1/5] 御神木 [2015/05/13]


  
[1/4] 御神木2 [2015/05/13]


  
[1/4]  [2015/05/13]


  
[1/4] 御神木3 [2015/05/13]


[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。