天橋立 智恩寺

パワスポコム  >  京都府  >  宮津市 >  智恩寺

タイプ
お寺
名前
智恩寺(ちおんじ)
別名
切戸文殊堂(きれどもんじゅどう)
漢字パターン
切戸の文殊、知恵の文殊
所在地(住所)
京都府宮津市天橋立文珠小字切戸
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※智恩寺を中心にして検索します。

アイコン
写真御朱印メディア合格祈願(学業)駐車場トイレ授与所
御朱印
平成22年11月20日に智恩寺で頂いた御朱印だニャン
御朱印帳
平成22年11月20日に智恩寺で頂いた御朱印だニャン平成22年11月20日に智恩寺で頂いた御朱印だニャン
公式サイト
http://www.monjudo-chionji.jp/
宗派
臨済宗妙心寺派
本尊
文殊菩薩(もんじゅぼさつ)
山号
天橋山(てんきょうざん)
寺号
智恩寺(ちおんじ)
創建
808年〔大同3年〕
勅令
平城天皇
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
ここ地恩寺は「智恵の文殊」と呼ばれ、またのこのところの名から「切戸(きれと)の文殊」・「九世戸(くせど)の文殊」と呼ばれて、古くから信仰の厚い所であった。
寺伝によれば、その開創は千余年の昔、延喜年間という。
世に三文殊と称するのは、ここ智恩寺に加えて、奈良県桜井市の阿部院・京都市左京区金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)(あるいは、これに代えて、山形県高畠町大聖寺(だいしょうじ))の
三寺の文殊の事である。
国指定の特別名勝「天橋立」と言うのは、海中に、3.6キロメートルにわたって連なる砂嘴(さし)の部分だけでなく、それを展望できる成相寺山麓の「傘松(かさまつ)」の地、そしてここ智恩寺の境内地も含めているのである。
寺伝に伝わる古縁起にも、
”そもそも、九世戸あまのはしたてと申すは、本尊は一字文殊、鎮守ははしたての明神と申す、本地はおなじ文殊にておわします 云々”
本尊は、善財童子(ぜんざいどうじ)・優閻王(うてんおう)を従えた文殊騎獅像である。
境内には、本堂をはじめ、山門・多宝塔他、諸堂が並び、寺だけでなく、地方の歴史を語る多数の遺物に接する事が出来る。
(案内板より)
コメント
三人寄れば文殊の知恵で親しまれているお寺です。
アクセス
北近畿タンゴ鉄道「天橋立」駅→徒歩(5分)
お天気
巡礼・札所・名所
日本三大文殊
文化財
【市指定重要文化財】石造地蔵菩薩立像
【市指定重要文化財】山門(黄金閣)
【重要文化財】鉄湯船
【重要文化財】金鼓
【重要文化財】木造文殊菩薩・脇侍善財童子及び優填王像
【重要文化財】多宝塔
メディア紹介
【2010/05/06】<雑誌>
日経おとなのOFF〔2010年6月号〕『開運入門』(卯年の人○文殊菩薩○代表的な「知恵授けの菩薩」。髷文殊なら災難も取り除く)

【2008/08/01】<書籍>
ツキを呼ぶ「神社・仏閣」徹底ガイド(古くから文殊信仰の霊場として多くの願いを聞いてきた!)

【2006/04/10】<書籍>
江原啓之神紀行3 京都(京都郊外)

拝殿方向
南東

 ←印刷はここで出来ます。

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
1枚だけです。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
2回切り替わります。(なし)(2010/11/20)

  
1枚だけです。(なし)(2010/11/20)

  
1枚だけです。(なし)(2010/11/20)

  
1枚だけです。(なし)(2010/11/20)

  
3回切り替わります。(なし)(2010/11/20)