神田神社

パワスポコム  >  東京都  >  千代田区 >  神田神社

タイプ
神社
名前
神田神社(カンダジンジャ)
別名
神田明神(カンダミョウジン)
所在地(住所)
東京都千代田区外神田2-16-2
周辺宿泊検索


検索距離範囲: 取得件数:
※神田神社を中心にして検索します。

アイコン
写真動画御朱印メディア縁結び()金運()勝負運(勝利祈願)駐車場授与所(常駐)販売店自動販売機
御朱印
平成22年11月5日に神田神社で頂いた御朱印だニャン平成23年2月4日に神田神社で頂いた東京十社めぐり用の御朱印だニャン
御朱印帳
平成22年11月5日に神田神社で頂いた表の御朱印だニャン平成22年11月5日に神田神社で頂いた御朱印だニャン
公式サイト
http://www.kandamyoujin.or.jp/
主祭神
大己貴命(オオナムチノミコト)
小彦名命(スクナヒコナノミコト)
平将門神(タイラノマサカドノカミ)
様式
入母屋造本瓦型銅板葺
旧社格
府社
近代社格制度
准勅祭社
創建
730年〔天平2年〕
御由緒
御縁起
御神徳
歴史等
<ご由緒>
社伝によると天平二年(七三〇)、武蔵国豊島郡芝崎村(現千代田区大手町)に創建されました。延慶二年(一三〇九)、東国の英雄で庶民たちに仰がれた平将門公が合祀され、太田道灌・北条氏綱といった名立たる武将によって手厚く崇敬されました。
慶長五年の関が原の戦いで、当社では徳川家康公の戦勝祈願をし御守りを授与したところ見事に勝利を得ました。これ以降、家康公の合戦勝利に因み縁起の御守り「勝守(かちまもり)」を授与するようになり、現在でも多くの参拝者に授与しております。江戸幕府が開かれると幕府の深く崇敬するところとなり、元和二年(一六一六)に江戸城の表鬼門にあたる現在の地に遷座し幕府により社殿が造営されました。江戸時代を通じて江戸総鎮守として歴代の将軍はもとより江戸の庶民たちにも崇敬されました。
明治時代に入り東京・皇城の守護神として准勅祭社・東京府社に定められ、明治七年(一八七四)に明治天皇が親しく御参拝になりました。大正時代、関東大震災による社殿焼失後、昭和九年に氏子崇敬者の浄財により、画期的な権現造の鉄骨鉄筋コンクリート・総漆塗の社殿が造営されました。
昭和二十年、東京大空襲が神田・日本橋界隈を直撃しましたが、社殿はわずかな損傷のみで戦災を耐えぬき戦災で苦しむ人々に勇気と希望を与えました。
戦後随神門などの建造物が再建され江戸時代にも劣らぬ江戸東京を代表する神社としての景観を整えるにいたりました。さらに平成7年より「平成の御造替事業」として社殿等の塗替・修復及び資料館の造営等が大規模に行われ、平成十七年には境内の整備事業が実施され、鳳凰殿や祖霊社などが新たに造営されました。
(案内板より)
コメント
将門の祟りを治めるために将門の御霊を祀っています。帰りに甘酒でも飲んでのんびりするといい感じです。
アニメ「ラブライブ」の舞台としてファンからは聖地として崇められています。
アクセス
JR「御茶ノ水」駅(聖橋口)→徒歩(5分)
JR「秋葉原」駅(電気街口)→徒歩(7分)
東京メトロ銀座線「末広町駅」→徒歩(5分)
お天気
巡礼・札所・名所
東京十社
別表神社
メディア紹介
【2013/12/29】<テレビ>
ランク王国『パワースポット神社編TOP10』(10位)

【2010/11/16】<書籍>
開運!日本のパワースポット案内(誠実な人に勇気を与える)

【2010/09/13】<書籍>
風水パワースポットBOOK『ご利益&開運』(縁結びの大黒様を祀る)

【2010/08/24】<雑誌>
東京ウォーカー〔2010 No.17〕『東京パワースポット散歩』(健康運アップ)

【2010/08/07】<書籍>
早分かり!日本のパワースポット(「明神さま」と呼ばれる江戸っ子の守り神)

【2010/05/06】<雑誌>
日経おとなのOFF〔2010年6月号〕『開運入門』(将門の神霊が鎮まる江戸総鎮守)

【2010/04/21】<書籍>
恋愛・婚活に効く 幸せのパワースポットガイド(仕事がうまくいけば、お金は勝手についてくる)

【2008/10/01】<書籍>
開運!パワースポット「神社」へ行こう(江戸の表鬼門に鎮座する、東国の英雄)

【2008/08/01】<書籍>
ツキを呼ぶ「神社・仏閣」徹底ガイド(天下を取った家康も戦勝祈願したパワフルな神様!)

【1996/11/04】<書籍>
平将門魔方陣

初詣参拝者数
[2014年] 30万人
[2013年] 30万人
[2012年] 30万人
[2011年] 30万人
拝殿方向
南南西
ぐるぐる動画

 ←印刷はここで出来ます。

[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。

  
[1/1] 入口 [2010/11/05]


  
[1/1] 社号標 [2010/11/05]


  
[1/2] 鳥居 [2010/11/05]


  
[1/1] 参道 [2010/11/05]


  
[1/3] 随神門 [2010/11/05]


  
[1/2] 手水舎 [2010/11/05]


  
[1/3] だいこく様尊像 [2010/11/05]


  
[1/2] えびす様尊像 [2010/11/05]


  
[1/2] 鳳凰殿 [2010/11/05]


  
[1/2] 狛犬(左) [2010/11/05]


  
[1/2] 狛犬(右) [2010/11/05]


  
[1/2] 獅子山 [2010/11/05]


  
[1/2] 拝殿 [2010/11/05]


  
[1/3] 明神会館 [2010/11/05]


  
[1/2] 小舟町八雲神社 [2010/11/05]


  
[1/1] 小唄塚・小唄作詞塚 [2010/11/05]


  
[1/2] 大伝馬町八雲神社 [2010/11/05]


  
[1/2] 魚河岸水神社 [2010/11/05]


  
[1/2] 江戸神社 [2010/11/05]


  
[1/1] 神田明神資料館 [2010/11/05]


  
[1/1] 力石 [2010/11/05]


  
[1/2] 浦安稲荷神社 [2010/11/05]


  
[1/2] 一の宮・二の宮奉安庫(鳳輦庫) [2010/11/05]


  
[1/2] 三宿神社 [2010/11/05]


  
[1/1] 水盤 [2010/11/05]


  
[1/2] 末廣稲荷神社 [2010/11/05]


  
[1/2] 籠祖神社 [2010/11/05]


  
[1/2] 祖霊社 [2010/11/05]


  
[1/2] 国学発祥の碑 [2010/11/05]


  
[1/1] 銭形平次の碑 [2010/11/05]


  
[1/1] 絵馬所 [2010/11/05]


[1/1]以外の画像はクリックする事により画像が変わります。